台湾南部に多い日本関係の記念碑や廟

台湾南部には、日本人を敬愛したり、亡くなった旧日本軍関係者を祀った廟がいくつかあっ
て、台湾北部の台北地区や台中地区とは異なる傾向があります。
その背景にあるのは、日本では映画「KANO」で、大沢たかおが演じた八田興一土木技師による、灌漑用ダム「烏三頭ダム」と「灌漑基盤整備事業」によって、台湾南部を有数の穀倉地帯に仕上げた功績であろうと推察します。
画像はその八田興一が設計者として、建立された八田与一像で、建設された烏三頭ダムの入口に、たたずんでいます。
近くには八田与一記念館があり、開館以来多くの台湾人や日本人を迎え入れてきました。
kazanっも数年前に、訪台した友人と見学に行き、展示された展示物に胸を熱くさせられました。
こうした風土の中にあって、台南での杉浦茂峰海軍少尉を祀った「飛虎将軍廟」や高雄の「高雄 紅毛港保安堂」、屏東県の「東龍宮」は別名「田中將軍廟」が有名です。
こうした廟では、朝には「君が代」が流れ、時に「軍艦マーチ」が流れ、夕べに「海ゆかば」が荘厳に流れます。
現在の日本では想像できないほどの雰囲気に、時として、熱いものがこみあがるを感じます。 
台湾南部へ旅行される場合は、ぜひその行程に加えてみたらいかがでしょう。

ホームページのご案内

今回ホームページ「高雄ちゃんねる・katasukazan」に付帯したブログを独立させました。wordpressでの編集投稿が楽なことが理由です。
過去記事