格安スコッチ・ウィスキー RICHARDSON

台湾ではアルコール度数対比でコストパフォーマンスの優れたお酒が「高粱酒」ですが、あるコル度数が普通は、58度です。

ブランドによっては、38度くらいからありますが定番は58度です。

行きつけの漢方薬屋で干した梅干しを袋買いして、その「梅」をグラスに入れ、酒を注ぎ、お湯か、水、あるいはストレートで飲むのですが、はっきり言って、酔っ払います。

kazanはウィスキーロックグラスに2フィンガーの高粱酒を注ぎ、梅を二個いれて、熱湯割りにして飲むのが普通ですが、2杯飲んだ時は、少々ハイになっても、文章くらいは書けますが、3杯で完全に酔、4杯~5杯でダウンです。

日本の焼酎や、日本酒は、ブランド効果でとても割高です。

本当は、焼酎がイイのですが。。

お土産は、焼酎の1000CCパックを頂けるととても嬉しいkazanです。

従って、輸入のスコッチが各種手軽に手が出せます。

この2,3年の、円安の煽りで、スコッチでもブランドをいろいろ変えて、生活防衛をしています。

そうした中で、最近飲み始めたのが、「Richardson」です。

昨夜買ったのですが、台湾ドル209元、日本円で630円位か?

酒税が安いから、日本での市価より幾分割安感があります。

日本でも、格安ウィスキーということで輸入され販売されているようですが、とても美味しいです。

そんな「Richardson」の味をテーマしたブログ記事がありました。

kazanとしては、水割り、お湯割り、オンザロック、ストレートなんでも会いますので気に入ってます。

日本では700円位だと聞いています。

ホームページのご案内

今回ホームページ「高雄ちゃんねる・katasukazan」に付帯したブログを独立させました。wordpressでの編集投稿が楽なことが理由です。
過去記事