高美湿地

台湾の台中の海岸側・台湾海峡側ですが、「高美湿地」という景勝地があることがわかりました。

調べると、高雄からですと、

新幹線で左営から新幹線の台中へ行く。

在来線に乗り換えて「清水」駅へ。

清水駅から、乗合バスで終点一つ手前の「高美湿原」で下車。バスはに系統あるらしい。

干満の激しいところで、干潮の時は、日本の潮干狩りのような浜辺になるようです。

夕方なら、黄昏の夕日が干潮の浜を照らし、遠くに風力発電のファンが林立する光景に夕日が沈むんだそうです。

そうなると、アクセス以外にも、日別の日没時間表、潮位表での適合日の選定が必要なります。これにさらに、台湾はこれから高多湿の雨季に入ろうとする時季ですから、4,5月をおいて前半は適当な時季はありません。

夕日を見るのですから、晴天である必要があります。

時間を見ては、以下の資料と格闘中です。

干満表はタブレットにダウンロードしました。